日本語教師は未経験でも求人はあるのか?

日本語教師として働くためには、未経験では働く事が出来ないのか?というと、未経験で無資格の場合は非常に難しいと言えます。ですが資格を取得している場合は、未経験者でも日本語教師として働く事は可能だと言えます。

日本語教師の採用は経験者が有利

日本語教師の採用は経験者が有利

どんな職業でも同じ事が言えますが、日本語教師の場合も経験者の方が採用時に有利に働きます。
資格を取得したからといって、日本語教師として教えた経験がない人は、まだまだ半人前と言わざる負えません。
そのため求人情報を見ても7割近くは、経験者を募集しています。

ですが数は少ないとは言え、3割は未経験者でも応募可能だという事です。
未経験者の場合は研修制度がしっかり整っているところを選ぶと、働きながら学ぶ事ができ実力が身に付きやすいと言えるでしょう。

また未経験者の狙い目は、急募で求人を募集しているところです。
とにかく早く日本語教師に来てほしいという事情があるので、未経験者でも採用される可能性が高くなります。
ただし急募の場合は、前任者が急に仕事を辞めてしまい、すぐに授業のコマを受け持ってくれる人材を求めています。
そのため準備する時間がしっかり取れないケースもありますが、それでもチャンスはチャンスです。

未経験者なら非常勤からのスタートが基本

未経験者なら非常勤からのスタートが基本

日本語教師の仕事は、常勤の教師と非常勤の求人があります。
当然収入が安定するため、常勤で働きたいと思う人が多いでしょう。
しかし常勤の求人の大半は経験者を求めています。
そして未経験者が常勤の求人に採用されるケースはほとんどなく、まずは非常勤として採用されて経験を積み常勤へのキャリアアップを狙うという流れになります。

非常勤の場合は、勤務先にもよりますが週に2〜3時間で数コマの授業を担当する事になります。
日本語教師の平均時給は1500円と派遣社員レベルの時給となっています。

これで1日8時間、週に5日働けたらそれなりに収入も安定するのですが、勤務日数と勤務時間がとにかく少ないので非常勤だけの収入で背生計を立てるのは難しいのが現状です。
そのため、男性が本業で働く人が極端に少なく、日本語教師の大半は女性でパートやアルバイトとして働くという形になっています。
もしくは、非常勤で生計を立てる場合は、他業種でWワークを行うか、日本語教師として2〜3校を掛け持ちして働く必要があります。

未経験者なら国内と海外どっちが働きやすい?

未経験者なら国内と海外どっちが働きやすい?

未経験者が日本語教師として働くのであれば、最初は国内の職場を選ぶ事をおススメします。
なぜかというと、海外の求人は経験を重視するためです。
また海外の語学学校の多くは国内の語学学校と比べると小規模の職場が多く、研修制度やマニュアルが整っているとは言えません。
そのため研修制度やマニュアルがなくても、自分で授業のスタイルを確立する事が出来る経験豊富なベテランが求められているのです。

ちなみに海外で働く場合は、ビザの取得などの手続きが必要となります。
職場によってはこれらの手続きを全て行ってくれるところもありますが、自分で行わなければいけないケースもあります。
ですが海外で働くために必要な手続きは、自分でする事をおススメします。

なぜかというと、日本語教師とはこれから日本で働きたいと考えている外国人に対して日本語だけでなく、日本で働くための手続きや日本の文化や習慣なども教えられなければいけません。
そのため海外で働く際に必要な手続き、海外生活で困った事、文化の違いから言葉が通じずに困った事。
海外の生活が全てあなたの経験となり、日本語教師としての財産となるはずです。

そのため海外で日本語教師として働くには、経験が求められますが日本語教師である以上、国内のみで働くのではなく海外で働いた経験があるという事は、非常にキャリアアップにつながるいい経験だと言えます。

■参照:日本語教師とは? https://xn--euts3n8lg6bk91h.jp.net/

新着情報

◆2017/04/13
日本語教師は未経験でも求人はあるのか?の情報を更新しました。
◆2017/03/25
海外で働くメリットと国内で働くメリットを新規投稿しました。
◆2017/03/24
正規社員と非常勤の求人倍率を新規投稿しました。
◆2017/03/23
日本語教師の就職活動を行うタイミングを新規投稿しました。
◆2017/03/22
日本語教師の勤務時間とオンラインレッスンを新規投稿しました。