正規社員と非常勤の求人倍率

日本語教師として働きたいと考えている人にとって、求人倍率がどれぐらいなのか気になりますよね。
日本語教師の求人倍率は決して高くはありませんが、注意しなければいけないのがその求人内容についてです。
では求人状況について紹介していきます。

日本語教師の求人倍率は

日本語教師として働きたいと思ったら、求人倍率は高くないので働く事は可能です。
ですが問題は働き方についてです。
日本語教師の求人の多くは、パートやアルバイトといった非常勤教師となっています。
そのため主婦がパートで週に2〜3回働きたいという勤務シフトであれば、時給1500円程度なので一般的なパートと比べると好条件で働く事が可能です。

ですが本業として日本語教師として働きたいという場合に、週に2〜3回×時給1500円では年収で150〜300万円程度しか稼ぐ事が出来ません。他の業種の平均年収と比較した場合に圧倒的に少ないと言わざる負えない状況です。
そしてフルタイムで正規社員として働きたいと思った場合には、求人倍率は上がり未経験者にとっては不利な就職状況となります。

日本語教師は非常勤からスタートする

日本語教師で正規社員として働きたいと思っても、年収300万円以上の求人は数が少ない状況です。
そのため経験者であれば、採用される可能性もありますが未経験者では難しいと言えます。
なので、最初は非常勤からスタートし経験を積み、正規社員にステップアップしていくしかありません。
非常勤の場合は週に2〜3回の勤務となるので、Wワークも考慮した方がいいでしょう。

ただし、経験を積み正規社員として採用された場合でも高収入を望むのは難しいと言えます。
それよりも仕事でのやりがいや働きやすい環境という面でマイペースに働きたい人にお勧めの仕事です。

関連する記事