海外で働くメリットと国内で働くメリット

日本語教師の求人を大きく分類すると、勤務先が海外の求人と国内の求人があります。
海外で働くメリットと国内で働くメリットがそれぞれあるため、メリットを理解した上で自分の希望する働き方に合った求人を選びましょう。

海外で働くメリットについて

まず海外で日本語教師として働くメリットは、生徒の気持ちを理解出来るようになるという事です。
日本語を学ぶ生徒の多くは、これから日本に在住し働く訳です。
異文化の中で暮らす不安や、真っ先に知っておきたい必要な言葉など、自分自身が海外で暮らす事で痛感するでしょう。
その経験はきっと外国人に日本語を教える上で、役立つ経験となるはずです。

また同一母国語の生徒の中で教える方が、教えやすいというメリットもありますし、海外の方が日本語を教えられる日本語教師が少ないため、正規社員として働く事が出来、仕事に対して大きなやりがいを感じる事も出来るはずです。

国内で働くメリットについて

では次に国内で働くメリットについて紹介します。
生活環境があまり変化しないため、仕事に集中出来る環境だと言えます。
また日本語教師の研修や勉強会に参加する事が出来、勉強をしながら働く事が出来ます。

それに周りには日本語教師の先輩がいるため、もし自分の教え方では生徒がなかなか理解してくれない。
そんな悩みに対してアドバイスをもらえたり、疑問点をその場で解消する事が出来るのもメリットだと言えます。

ある程度日本語教師としての経験があれば、海外でも十分に即戦力として教える事が出来るかもしれません。
ですが未経験のままいきなり海外で働くと、大きな壁にぶつかってしまった場合に壁を乗り越えるのが難しい環境です。
もちろん、逆境に強いという人はそのような環境でもどんどん成長していけるのかもしれません。

なのであくまでも海外と国内のメリットを比較しながら、どちらが自分にとって働きやすく魅力的な求人かをよく考慮した上で選ぶといいでしょう。

関連する記事